1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 塩漬け株に振り回されない方法

BLOG

ブログ

塩漬け株に振り回されない方法

都内のトレードルームにて、、、

最近、めっきり洋服を買う機会が
なくなっておりますが。
いかがでしょうか?

外出機会が少ないのですから当然と言えば
当然ですね。

この洋服について考えてみますと。

買ったけれど、一度も袖を通さない。
買ったまま袋から出していない。
タグがついたままの状態。

そんな服は1枚や2枚あるのでは
ないでしょうか?

この洋服を買うのに。
例えば15000円したとします。
でも、なんとなくその気にならない、、、
もしくは1度だけ着てみたけれど
しっくりせず。
そのままタンスのこやし。

これってあるあるですね。

これは株式投資にも同じ理屈が
あります。

洋服を買うのに15000円かかっています。
それを一度も着ないということは。
15000円を無駄にしたこと同じですね。
いわば15000円の損失なのです。

ただ、まだタンスに入っているし、
捨てていないので損失とは考えにくい。

「お金を無駄にした」という行為と
損失確定を先延ばしにして、考えなかったことに。
損失を無かったことにしています。

つまり、、、
「塩漬け株と同じ理屈」になります。

買ったものの、株価が下がり
そのまま放置。
いつか上がるかも。と持っている状態です。

洋服は着なくて捨ててしまえば
価値は0円ですね。

しかし株はめったに0円にはなりません。
つまり上場廃止にはなりません。

また上がるかも。という期待。
(洋服ならまた着るかもしれないから)
の期待で損失を確定できないのです。

しかし、株を買った時から半値になり。
損失も拡大したまま放置している株には
なんのメリットもなく。

またその分の資金も塩漬けしている状態では
売らない限りはそのお金を使えない状態に
しているのです。

塩漬けが2000万円もあるんですよ。
と言ってきたりする方。
実に多いんです。
その次に出る言葉は
「持っておけばいつか上がるから」
「優待もあるんで、、、」
という言葉とセットです。

「いつか上がる」
これは幻想ですし願望です。

ずっと上がらない可能性もあり。
もっと下がるかもしれませんし。
上がるのは10年後かもしれません。

その間、その資金は使えません。

かなり手痛いデメリットですし、
時間の無駄と思っています。

塩漬けの前にロスカットが
一番大事なスキルです。
塩漬けするクセを直し
これ以上下がったら逃げるスキル。

このスキルは授業でもお伝えしますが
お伝えしていてもやってしまう方が
多いのは。

この損失を先延ばしにしてしまう
人間心理のせいでしょう。

洋服も着なければただのゴミです。
ただ、塩漬け株はゴミにはなりません。
だから余計にやってしまう方が
多いのですね。

一時的に損失にはなりますが、塩漬け株は
処分することをお勧めします。
きれいさっぱりスッキリして。
その後ロスカットのルールを守り、
その資金で株式投資を再開すれば
良いのです。

塩漬け株ばかりで回せる資金がない方。
これを機に、整理し。
新しく投資を勉強しなおして
トレード再開。
も考えてみませんか?

心もすっきりし、前向きに投資に
再チャレンジできますよ(^^♪

ということで、今日のブログ皆さん
いかがでしたか?

今後のブログ記事で、もっと皆さんのお悩みに
お応えできるような内容を書いていきたいと思いますので
今日のブログ記事の感想をなんでも構いません。

ご自身なりにコメントを以下からもらっても良いでしょうか?
皆さんのコメントがブログ更新の励みになりますし
皆さんの感想や考えも知りたいのです。

よろしくお願いします!

公式メルマガに無料登録でデイトレノウハウが手に入ります!

以下、全て 無料 です♪

  • ・週2回現役デイトレーダーのデイトレメルマガ配信
  • ・月2回現役デイトレーダーのデイトレ解説動画配信
  • ・最新LIVE体験セミナーの情報を受け取れる
  • ・最新無料デイトレスクールWEB体験セミナー
  • ・厳選有料デイトレード講座
無料でメルマガを読んでみる >

  1. owl

    そうですよね~そうなんですよね~
    それを何年も自分に言い聞かせているのにやってしまうんです><

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロの現役デイトレーダー講師直接の
無料LIVE体験セミナー近日開催!!!

今すぐ無料でセミナーに申込む >

プロの現役デイトレーダー講師直接の
無料LIVE体験セミナー近日開催!!!

今すぐ無料でセミナーに申込む >